障害年金って号数があるの?そもそも障害年金って何?

障害年金とは病気やケガで仕事などが制限される場合に受け取れる公的な年金です。障害年金には「障害基礎年金」と「障害厚生年金」の二つの種類があり、病気やケガで初めて医師の診察を受けた日に加入していた年金により請求が変わります。

国民年金に加入していた場合は障害基礎年金、厚生年金に加入していた場合は障害厚生年金が請求することが可能です。いくつかの受給要件があり、号数(等級)で支給額が決まっています。

「障害年金の給付を受けるための要件」

障害年金受給要件ってなに?

前述でも書きましたが、障害年金は障害基礎年金と障害厚生年金のふたつの種類があります。受給要件は障害基礎年金と障害厚生年金ともに共通しています。1国民年金または厚生年金に加入していた期間内に障害の原因となったケガや病気について初めて医師の診察を受けた日があること、2一定の障害の状態にあること、3保険料納付要件です。

初診日とはいつのこと?

1初診日について説明します。この初診日はとても重要です。なぜかというと要件2にも関わってくるからです。障害の原因となったケガや病気について初めて医師の診察を受けた日が初診日となるのですが、かかりつけの病院が初診日だと思っていたらその前に同じ症状で他院にかかっていたなんてこともあります。

その場合だと、正しい初診日はその前にかかった病院で初めて診察を受けた日になります。

一定の障害の状態とは?

2一定の障害の状態にあることを見てどうやって判断するの?と疑問が出る方がほとんどだと思います。ここで関係してくるのが初診日です。初診日から1年6ヵ月経過した日または20歳に達した日に障害の状態であるか、または65歳になる前に障害の状態に達する前日までに障害の状態となったかで判断をします。

ちなみに1年6ヵ月経過した日を「障害認定日」と言います。また、日本年金機構が提示している要件に当てはまる場合は障害認定日が異なってくるのでホームページ等で確認することをお勧めします。

保険料納付の期間はどの程度?

3保険料納付要件は、初診日のある月の前々月までの公的年金の加入期間の2/3以上の期間について、保険料が納付または免除されていること、初診日において65歳未満で、初診日のある月の前々月までの1年間に保険料の未納がないということです。

これらの要件を満たしていないと請求が難しくなってしまいます。保険料納付状況は役所で確認できるので心配な方は確認することをお勧めします。ちなみに65歳以上は老齢年金の対象となるため65歳未満であることが要件に入っています。

障害年金の号数(等級)はいくつあるの?

障害年金の号数(等級)は障害基礎年金は1級~2級、障害厚生年金は1級~3級となっています。号数(等級)によって支給額は異なり、配偶者や子どもがいる場合に支給額が加算されます。障害年金の対象となる病気やケガは、手足の障害などの外部障害、精神障害やがん、糖尿病などの内部障害も対象になります。

年金機構のホームページでも確認ができます。確認しても自分の疾病が該当するかわからない場合は、住んでいる地域の役所や管轄の年金機構に問合せしてみるのもひとつです。障害年金の支給は2カ月1回偶数月に指定した口座に振り込まれます。

受給後も年単位で受給者の元に診断書が届きます。医師が記入した診断書を期限内に年金事務所または役所に提出する必要があります。障害の状態によって号数(等級)が上がることや下がることもあります。診断書は現症を記載する必要があり診察した日付も記入する必要があるため、年金事務所より診断書が届いたら忘れずに病院を受診して医師へ診断書を依頼しましょう。

提出をしないと障害年金が止まってしまいます。そうなると改めて再請求をしてくださいと言われる場合もあるので注意しましょう。もし、どうしても期限に間に合わないという場合は早めに提出先になる年金事務所または役所に相談してみましょう。

申請時に必要な書類は?

障害年金を申請する際に、必要な書類が何点かあります。今回は必ず必要となる書類をお伝えします。1戸籍謄本、戸籍抄本、戸籍の記載事項証明、住民票、住民票の記載事項証明書のいずれか、2医師の診断書、3受診状況等証明書、4病歴・就労状況等申立書、5受取先金融機関の通帳等、6印鑑です。

2医師の診断書ですが障害認定日の状態と障害認定日から3ヵ月以内の現症の診断書が必要となってきます。

こちらは所定の書式があります。たまに診断書に申請者本人が記入してしまうことがありますが、診断書は医師が記入するものなので何も書かずに依頼して大丈夫です。3受診状況等証明書は初診日で書いてもらう必要があります。

病院によってはカルテの保管期間が過ぎていてカルテがないため書けないと言われる場合もあるかもしれません。いきなり出向いてもその場ですぐに対応してもらえるかもわからないので、まずは電話で問合せをすると確実です。

「障害年金受給者が社会保険や所得税の扶養に入れる条件と扶養から外れた場合の対応は?」

こんなことにも使えます!

これは精神疾患の方に適用されるのですが、障害年金の詔書で精神障害者保健福祉手帳の申請ができます。ただし注意が必要です。年金証書で申請をすると年金の等級が障害者手帳の等級に反映されます。例えば障害者手帳が1級、障害年金が2級の場合、年金証書で障害者手帳の更新をすると年金証書の等級が反映されるので障害者手帳の等級も2級になります。

本来であれば1級のサービスが受けられるのに年金証書で更新をしたことにより等級が下がり以前のサービスが受けられなくなってしまうのです。なので、年金証書で障害者手帳の更新をする際は一度医師やソーシャルワーカーに相談してみることをお勧めします。

困ったときは問合せしてみましょう!

ここまで読んで障害年金申請するのはやることがたくさんあって面倒と思った方がほとんどではないでしょうか。正直わからないことも多いかと思いますが、障害年金は病気やケガで仕事などが制限されてしまった場合に自分自身の生活を支える一部になります。

自分でホームページ等を調べてもわからないことは年金事務所や役所に問合せをしてみましょう。民間で手続等に関して相談に乗ってくれるところもあると思いますが、手続きをお願いすると料金が発生することもあるのでその点は注意が必要です。

また、医療機関への問い合わせは基本的に本人でないと難しいこともあります。いきなり年金事務所や役所に問合せをすることに抵抗がある方は、ソーシャルワーカーがいる医療機関であれば相談にのってもらえるはずなので、かかりつけの病院でまずは相談してみましょう。